代理店の存在は必要かどうか

最近の自動車保険を見ていると、非常に保険料が安いことに驚いてしまいます。
以前なら考えられなかったような保険料で、自動車保険に加入することが出来るようになっています。
しかし、中には「保険料が安いと不安を感じる」という人も多いことでしょう。
確かに、あまりに保険料が安いと、何となく不安になってしまう気持ちもわかります。
しかし、現在提供されている保険料の安い自動車保険は、そのほとんどが内容面でも非常に充実しています。
実は、保険料が安いのは他に理由があるからなのです。
それは、代理店を通さずに加入するという点です。
ダイレクト型や通販型と呼ばれることが多いのですが、代理店を通さずに自動車オーナーと直接保険会社が契約することによって、その中間に発生している代理店のコストを削減しているのです。
しかも、通販型であれば事務所や店舗窓口を設けるための設備投資や人件費が必要ありません。
そのため、保険料は安くても充実した保障内容やサービスを実現できるのです。
では、代理店を通じて契約する自動車保険にはメリットがないような気がしますが、どうなのでしょうか。
その点に関しては、ダイレクト型にはないメリットがあると言えます。
代理店を通すことによって、まずきめ細かいサービスが可能となります。
さらに事故対応に関しても非常にスムーズに進むケースが多く、代理店の担当者が事故対応にあたってくれますので、事故を起こした場合の精神的な負担も軽減できると言えます。
あとで読む