必ず加入しておきたい保険

色々な保険会社から見積もりを取り寄せて自動車保険の比較を行うことは非常に重要です。
自分にとって本当に必要な保障内容に限定して、保険料を安くおさえるという選択肢もありますので、そういった選択肢を増やすためにも見積もりの比較は必要不可欠な作業だと言えるでしょう。
しかし、自動車保険には加入しておくべき基本的な保険というものがあります。
もちろん、自賠責保険とは違って、任意保険の場合には必ず加入が義務付けられているものはありません。
しかし、せっかく加入するのですから、万が一の時に役立つように、最低限の保障は付けておいた方が良いでしょう。
まず、対人保険と対物保険は加入が必要です。
これは、事故を起こしてしまって相手に対する賠償が発生した場合、保険金によってその賠償金を準備することを目的としています。
万が一相手に大きなケガを負わせてしまった場合や、相手の自動車を大破させてしまった場合など、その賠償金額は大きくなるケースがあります。
さらに、自分自身や家族のために、搭乗者損害保険と人身傷害保険にも加入しておきましょう。
事故によって自分や同乗者がケガを負った場合、その治療費が高額となってしまうケースもあります。
この4つの保険は自動車保険へ加入する最大の目的と言えますので、少なくともこの4種類はカバーできる自動車保険を選びましょう。
また、自分の自動車に関する修理費用までカバーする場合には、車両保険が必要です。
あとで読む